お客様の声

Vol.03

こすもす浅草橋

個性を活かし、互いを認め合う。
そんな共生社会の発信源でありたい。

  • #東京都
  • #事務作業

今回は、特別支援学校の教員として27年働いていた野口さんが代表を務める、就労継続支援B型事業所「こすもす浅草橋(運営: 一般社団法人 東京障害者就労サポート協会)」を取材しました。個性や多様性が大切にされている場で、knowbeはその想いにどう寄与できるのでしょうか。お話を伺ってきました。

01 障害を障害として見ない。多様性を受け入れる。

野口さん:

2008年頃に知り合いが就労移行支援事業のメンタルクリニックを立ち上げるということでメンバーに入ったんです。そこから施設長やサービス管理責任者を経て、2016年3月に多機能型事業所としてここを開所しました。で、2018年4月に就労継続支援B型に改組したという流れですね。仕事としては、チラシの仕分けや封入などの事務作業、アクセサリーのタグ付けや検品作業を中心に、ビーズアクセサリーや布草履など自主製品も作っています。

野口さん(代表)

元々は私が特別支援学校の教員を27年やっていたという経歴もあって、障害を障害として見るのではなくキャラクターとして見るという信念があるんですね。利用者さんの障害種別も様々ですし、年齢層も下は19歳から上は62歳まで幅広くて、事業所のある台東区以外のエリアから通われている利用者さんも1/3くらいいます。多様性があって、どなたにとっても比較的オープンな存在であることはうちの特徴の一つかもしれませんね。

02 ひとつのサービスで
全部網羅できることが魅力。

野口さん:

ノウビーで利用者さんの出勤・退勤がタブレットで管理できるようになったのはラクですね。導入前は出勤したときに出勤簿にハンコを押してもらっていたし、食事を摂ったかどうかや早退・休みの連絡は全部アナログでしたから。それに業務日誌やサービス提供の記録、利用者さんの支援記録まで書くことができて、全部連動しているのがいい。業務が一発でラクになりましたよ。

ただ欲を言えば、「ここがもっとこうだったら」と思うところももちろんあります。短期目標や長期目標の中で、生活面や就労面のような詳細な項目を作って管理できたほうがいいですし、個人の課題と目標、目標達成するために具体的にどういう行動をするかも記録したいですね。さらに、それを定期的にモニタリングしながら目標達成に向けて動いていけるようになると、利用者さんとより良い振り返りができるんじゃないかと思います。今後のアップデートにとても期待ですね(笑)。

03 一度の大きな会議より、スキマ時間の小さな会議。

小川さん(サービス管理責任者) 

野口さん:

ノウビーの導入で、時間の使い方は大幅に変わってスタッフと利用者さんがコミュニケーションを取る時間が増えましたよね。利用者さんが帰った後に記録を書くんですけど、手書きだと「記録しなくちゃ」って気持ちが大きくなっちゃってコミュニケーションが取りにくい。根本的には人間同士なので「ちょっと言い方間違えちゃったな」「どういう言い方すればいいかな」みたいな会話を増やしていくことで、互いにスキルアップしていくことが大切だなと思います。人と人がちゃんと向き合う時間は全体的に増えたんじゃないでしょうか。 また、情報共有がスムーズになったことで、改まって大規模な会議をしなくても毎日のスキマ時間で小さい会議がいくつもできている状態です。雑談レベルで色んなことが共有できてるというか。仕事のことからプライベートまで、スタッフ同士のコミュニケーションが円滑になってチーム全体でいい効果が出てると思いますね。

04 お互いの違いを、
もっともっと分かり合おう。

野口さん:

はじめに利用者さんの障害種別を問わない、っていう話をしましたけど、同じ障害の人が集まるとお互いを認め合えるメリットがある反面、「良かった。私1人じゃなくて」って、そこで満足して完結しちゃうというデメリットもある気がします。例えば、事業所を一歩踏み出して新たな環境に出たとき、「色んな人がいるよね」ということを相手にも認めてもらえるようになって欲しい。これは事業所ではなく一般企業でも同じことですよね。文章力や表現力や言語力みたいな一般的なコミュニケーションカっていうのは人それぞれみんな違っている訳ですし、「できること」「できないこと」があるのは誰もが同じです。

今は利用者さんに対してなるべく色々な種類の仕事を用意して、その中で得意な仕事や好きな仕事を見つけられるようにしてるんです。できないことをできるようにするよりも、できること・やりたいことを見つけて、そこを伸ばしていくことが大切だと思います。その上で、みんながお互いの違いを分かり合うことができれば真の共生を実現することができると考えています。

フォトギャラリー

  • 法人名: 一般社団法人東京障害者就労サポート協会
  • 事業所名: こすもす浅草橋
  • 住所: 東京都台東区浅草橋1-34-10稲垣ビル6F

貴社に合った成功事例は
こちらから